This post is also available in: English Suomi Русский Deutsch

ハメ地方

ハメ地方(カンタ-ハメ県、フィンランド語)は、フィンランド南部の中心に位置するヘルシンキ、タンペレ、ツルクから車でわずか1時間の距離にあります。ヘルシンキに到着する旅行者がフィンランドのレイクランド地域に足を踏み入れる際に、最初に訪問するエリアです。ハメ地方には3か所の都市地域擁し、興味深い文化的遺産や見事な自然遺産があります。ここへは電車、バスまたはレンタカーで簡単にアクセス可能です。 

あまり知られていませんが、この地域はエキサイティングな体験、面白いイベント、歴史、物語や驚くべき発見の宝庫です。歴史的なハメ地方の全ての景観地区はお互いに近接しており、更に個人のツアーにも理想的です。  

ハメ地方の豊かな歴史を探索したり、素晴らしい自然をエンジョイしたり、オールインクルーシブなサービス付きのシティの休日でリフレッシュできます!ハメーンリンナは、豊かな歴史、中世からの古城、インテリア・食器のデザインのイッタラ・デザインセンターで皆様を魅了し、フォルッサ地域では、その緑の公園、森林、古いレンガ造りの工場地域が皆様をうっとりさせ、リーヒマキでは、そのガラス吹き作り製法の伝統と産業遺産が大いに楽しませてくれることでしょう。この地域の絶景には、国民的風景で有名なアウランコ、トーロンスオやリエスヤルヴィの壮大な国立公園もあります。

タヴァスティアを発見!

ここにあるすべてが便利に近くにあります!

あらゆる年齢の人々にとってのあらゆる種類の面白いこと

南フィンランドの中心部

ヘルシンキ、ツルク、タンペレから車で1時間

ハッカペリッタ騎兵隊と偉大なフィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの故郷

ムーミン博物館(タンペレ)及びムーミンワールド(ナンタリ)から車で約1時間

ハメ城の最初の記載は、1304年